これまでに作った曲まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
mix

2018年の5月頭くらいに作曲開始

いつまでも初心を忘れずに制作していたいものです。

作った曲たち

サウンドクラウドって曲作る人は使うけど、聴く専門の人は使わない気がするのでここにアップするのはミスマッチな気もしなくもない。そのうちyoutubeにもいきたい。

 

始めた経緯

かなり前から、それこそ学生の時から作ろう作ろう思ってたけど、なかなか踏み出せず。

cubaseを二十歳そこいらの時に購入したものの結局どうしていいかが全然わからずに一曲も作れませんでした。Amazonで安く買えたからだったような覚えがある。

30歳を過ぎた頃からまた作ってみたい気持ちが出てきたので2017年の暮れくらいからStudioOne3のprime(無料版)を触りだしました。

年を取ってくるとだんだん恥ずかしさみたいなのは減ってきたかもしれない。

この記事がきっかけになりました。

Cubaseを使っている人に全力でStudio Oneをおすすめしていく。まず、曲を作るのが早くなります。

まあ結局Cubaseは使わずじまいだったんですけども。

なぜかStudioOneだったら自分でもどうにかなるんじゃないかと漠然と思いまして。

その後、確か年末にセールやってたと思うんですが、勢い余ってprofessional(有料版)にして自分を追い込み、1曲(と言えるものかどうかはさておき)試しに作ってみたら短いながらも曲らしいのがちょいちょいできてきたりし、「あれ、これもしかしたら楽しいんじゃね?」ってなっていました。

StudioOneはほんとわかりやすくて良いですね。つってもCubaseとLive(Demo)しか触ったことないからよく知らんけども。

ブラウズ

右側のブラウズから中央の画面にドラッグアンドドロップで持ってくるだけでそれっぽいのができてしまう。どんなDAWでもそれは同じかな?でもシンプルで分かりやすいと思いました。

 

最初は手抜きがちょうどいい

実際に曲作るようになって思うのは、やっぱりどんなものでもいいから何曲か作ってみることが大事なんだなと思いました。

一番最初に入り口で挫折してたのは、理想の高さに全然届かないことが恥ずかしいとかそういった気持ちから、作っては消しを繰り返してしまうところにあったと思うのです。

自分の場合、そこそこ歳をとってからなので若干恥ずかしさも薄れているという部分は大きそうですが。

あと、本当に作曲初心者はゼロから作ろうと思ったらいかんかもな、とも思いました。

本当に憧れているアーティストがいて、そのコピーをしていて真似た曲を作っているうちに作れるようになりました!とかじゃなく、なんとなく曲作ってみたいなーなんとなく好きなバンドっぽい曲つくりたいなーくらいのモチベーションだった場合(これが悪いとかではなく)、下地が全くない状態なので明確な理想もないままだらだらやっちゃう感じ。自分のことですけども。

なので最初は既存曲を切り貼りして、できた!はい次!くらいに作っていく方がよかったりするかもしれません。これを繰り返すと次こうしたいああしたいと欲が出てくる気がします。

 

 

 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください