【Mac】SDカードのデータを消しても、容量が変わらない時の対処

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

PCなどでSDカードを開いて、直接データを消したりすることがあると思います。

しかし、消したつもりが容量が変わらない、なんてことがあったりしませんか?

これは、一度削除したあと、元に戻したくなった時などに元に戻せるようにSDカード内の「ゴミ箱」に一時的に退避することで、容量が変わらない状態となってしまっているようです。

戻したい時は大変便利ですが、特に戻す必要がない人にとっては、容量が減らずに「なぜ!?」ってなってしまう原因になりかねません。

 

これについて検索すると、よく「フォーマット」というキーワードが引っかかってきます。

フォーマットすると、SDカードの中身を全部綺麗に消してしまうため、一度PCなどに全て移動してからフォーマットしなければならず、ちょっと面倒な感じがします。

 

ということで、少々操作が必要ですが、必要のないものだけを選んで消せるようにしていこうと思います。

 

隠しフォルダの存在

いきなりなんだと思われるかもしれませんが、上記で述べたSDカード内の「ゴミ箱」は通常見えない状態となっている可能性が有ります。

隠しフォルダが表示されていない状態

 

少し細かい話をするとファイル名の前に「.(ドット)」が付いていて、文字の色が薄くなっているものが隠しフォルダ(ファイル)というものになります。

隠しフォルダが表示された状態

すでに表示されている方は、そのまま、ゴミ箱の中身(私の環境の場合、「.Trashes」の下にゴミ箱がありました)を削除すれば良いですが、表示されていない場合のために、「隠しフォルダを表示するための方法を以下に記載していきます。

 

準備するもの

タイトルにも書いていますが、環境はMacOS Xになります。

バージョンはMavericksからEl Capitanまで確認できています。

必要なものは

  • Finder
  • ターミナル

以上!

 

隠しフォルダが表示されているか確認する

まず、Finderで隠しフォルダが表示されているかどうかを確認します。

適当にホームを表示してみましょう。

Macを使っているのならFinderの説明は必要ないかもしれませんが、念のために記載しておきます。↓↓↓

 

Finderを起動した状態で、メニュー「移動」からホームを選択します。

これを開いてみて、半透明になったドットから始まるファイルやフォルダが表示されていなければ、隠しフォルダが非表示の設定なので、次の項目で表示する設定を行いましょう。

 

表示コマンド

まず、 ターミナルを開きます。

ターミナルは「アプリケーション」フォルダにある「ユーティリティ」や、「Launchpad」から開くことができますので探してみてください。

ターミナルが開けたら、下記のコマンド順番に入力していきます。(コピペでもOK)

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles -boolean true

と、ターミナルに記述してエンターを押します。

そのあとに

killall Finder

と、再度ターミナルに記述してエンターを押すと、Finderがリセットされて隠しフォルダが表示されるようになるはずです。

 

隠しフォルダを隠したい時は

defaults delete com.apple.finder AppleShowAllFiles

とターミナルに記述してエンターを押したあとに

killall Finder

とすれば再度、隠れて見えなくなります。

 

 

隠しフォルダを表示した状態で、FinderからSDカード内のゴミ箱を確認すれば、「空にする」ことが可能ですので、以上となります。

もしかすると、SDカードによってゴミ箱の構造が違うかも?こちらは検証不足で詳細は不明ですが、今まで触ったことがあるカードでは同じ方法で削除できているので問題ないとは思います。

 

まとめ

隠しフォルダの表示から削除まで一通り流れを書いてみました。

細かく書いたつもりですが、漏れなどあれば追記します。

※隠しフォルダには重要なデータが入っていることが多いため、間違えて削除しないように普段は非表示にしておく方が良いと思いますが、その辺は自己責任で。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください