本が最後まで読めない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
books

ふと部屋を見渡すと大量の本があることに今更ながら気が付いた。

 

 

そして、すべて目を通した覚えのあるものが漫画以外にほぼないことにも気がついてしまった。

今どれくらいの金額を本につぎ込んでるんだろうとふと思い、漫画を除いたなかで、全体の1/4の量の金額をエクセルで計算してみたら軽く10万を超えていた。怖っ

買っただけで満足するタイプである自覚はあったし、購入している本は技術書や実用書が多いので金額も高いしまあ仕方ないとは思いつつ、これはさすがにもったいない気がする。

 

なぜ最後まで読み切れないのか

①必要な部分だけを読む
②内容が(その時の自分にとって)難しい
③途中で他の本に興味がいく
④買っただけで満足

こんなところだろうと思う。

①については仕事に必要な本だったり、雑誌が該当する。

②については、タイトルだけで買ったり、必要にかられて買ったけどついていけない感じ。

③は飽き性ゆえか、小説とかが該当することが多い。漫画は繰り返し読むのに。

④は図鑑とか辞書とか鈍器かっていうくらい分厚い本とか。

 

対策を考えてみる

①の対策

  • これはもう仕方がないというか、必要な部分が吸収できていれば役目としては十分と考えることにする。

②の対策

  • 目次に目を通して半分以上意味がわからなかったら買わない。
  • 今持っているものについては、メモを取りまとめながら読み通してみる。

③の対策

  • ②と合わせてメモを取りながら読み通してみる。
  • わからない部分が多い場合は後回しにする。

古い記事だけど

大事なのは「読む」力だ!~4万人の読解力テストで判明した問題を新井紀子・国立情報学研究所教授に聞く

https://news.yahoo.co.jp/byline/egawashoko/20180211-00081509/

自分には読む力が備わっていないというのもあるかもしれん。

漫画も絵を追っているだけで、内容をきちんと理解できてないのかもしれん。

④の対策

  • これは持ってると安心する感じなので止めにくいが、頻度も多くはないのでいったん優先度は後回しにする。

まとめると

  • メモ取りながら読む。
  • 読み終えたものはブログに読書録としてまとめるか何かを書くときに引用する。
  • 半分以上わからないやつはそもそも買わない

具体的な対策がこれ以上思いつかないのでしばらくマインドマップにメモするのを試してみる。

XMind

対策 追記1

少しずつ勉強した内容を書き出したりしてみたものの、メモしたり調べながらなので進みが遅い。

→難しい本が欲しいのは、難しい本が読めないと勉強になってない、という焦りのようなものかもしれないと考えた。

 

 

試しに本の難易度表を作ってみることにした。と言ってもただエクセルに難易度をつけるだけ。

難易度は現段階で4段階に分割。

目次やザッと目を通して理解できない・つまずく・目が滑るなどの状態を基準にして、それが書いてある内容の 

  • ほぼ理解できてたら0
  • 3割以下くらいなら1 
  • 5割くらいなら3 
  • 7割以上なら5 

0の本は理解できている内容なので、もう読まなくていいし、なんなら売るでもいい。

1の本は記事にまとめられるはず。わからない部分も調べたりする部分は多くないので割と読めるはず。

3の点数の本は背伸びして読んでみるもいい。

5の点数の本は、もっと簡易的な本を探したほうがいいと思うので今は読まない。

他の基準ができたら、2や4の難易度を追加して、3か4以上なら今は読まない。

 

パッと思いついただけだけど、焦って難しい本に考え込んで時間かけるよりはいい方法かも。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください